クマの悩み|美しい「私」を取り戻すために【肝斑・目のクマの悩みを解消】

深刻な目のクマの問題!実はいくつかの種類にわかれている

どのタイプになるのか

一口に目のクマと言っても、大きくわけて3つのタイプにわかれています。シミなどはメイクで隠すことができても、目のクマをメイクで隠すとなれば厚化粧になってしまうことも。目のクマを解消することでそのような心配をする必要がなくなります。そのためには、目のクマのタイプを知り、適切なケアを行ないましょう。

クマの悩み

女の人

色素沈着が起こりやすい

たくさんの毛細血管が眼球の周りにはありますが、毛細血管があることで目に必要な栄養や酸素を送ることができています。このように、目はデリケートな部分となるため、眼窩脂肪やまぶたの皮膚により守られています。ですが、少しの刺激を加えることで色素沈着が起こることがあります。これが、目のクマ発生の原因の1つとなるのでしょう。

茶グマ

茶グマの原因は2つあります。1つめは刺激により色素沈着が起こってしまった場合となり、2つめは皮膚の奥でメラニンが沈着してしまっている場合です。それぞれに効果のある治療法が異なるため、まずは美容クリニックを受診しましょう。

青グマ

冷え性やストレスなどが関係し、血の流れは悪くなってしまいます。そのため、毛細血管の働きも低下してしまうことで、青グマができてしまいます。青グマは刺激で茶グマになる可能性もあるため、早めに解消するようにしましょう。

黒グマ

黒グマも茶グマと同様に主に2つの原因にわかれています。1つめは目の下の脂肪が少ないことにより起こる場合や、加齢により皮膚がたるむことで起こる場合となり、2つめは加齢にともない筋肉のゆるみなどが原因となる場合があります。それぞれに効果のある治療法が変わるため、解消するためには原因を把握しましょう。