肝斑に対する治療法|美しい「私」を取り戻すために【肝斑・目のクマの悩みを解消】

通常のシミとは違う肝斑!美容クリニックでの治療法&注意点

肝斑に対する治療法

鏡を見る人

肝斑の特徴

肝斑は左右対称にできる特徴があり、頬や額・目の下に発症するケースが多いとされています。色は薄茶色となるため、このような特徴のシミを発見した特は肝斑を疑いましょう。また、解消されたとしても再発するケースも多いため、長期的な治療が必要となることもあります。

受診する前の注意

大阪で通う美容クリニックを見つけた場合は、早めに予約を入れるようにしましょう。時期によっては予約が取りづらいこともあるため気をつけましょう。美容クリニックを受診する当日は、メイクをせずに受診する必要があります。化粧をしていると肌やシミのトーンが変わりますし、正しく判断してもらえないことがあるためです。

肝斑の治療法とは

大阪の美容クリニックで肝斑と診断を受けた場合は、状態によって適切な治療を受けることができます。主にビタミンCやL-システインなどの内服薬や、ハイドロキノンやトレチノインなどの外用薬が処方されることになるでしょう。色素の沈着を抑える効果や、美白効果などに期待ができる治療法です。

レーザーでの治療

大阪の美容クリニッククリニックでは、肝斑の症状によってレーザー治療を行なうこともできます。肝斑に行なわれるレーザー治療は「レーザートーニング」と呼ばれるものとなっており、蓄積されたメラニンを減少させることで肝斑の改善に期待ができます。

UVケアを徹底する

大阪の美容クリニックで肝斑の治療を受けている人は、日頃のUVケアも徹底して行なう必要があります。治療を受けていても紫外線で悪化してしまっては本末転倒。効率よく肝斑を解消するためにも、外出する際や、洗濯物を干す時なども、UVケアを忘れずに行なうようにしましょう。